高岡法科大学 同窓会会則

第1章 総   則

(名 称)
第1条 本会は、高岡法科大学同窓会(以下「本会」という)と称する。

第2章 目的および事業

(目 的)
第2条 本会は、会員相互の親睦を図り、高岡法科大学(以下「母校」という)の発展に寄与することを目的する。

(事 業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行うものとする。

(1)会員の親睦を図る諸行事
(2)母校の教育振興および発展に必要な事業
(3)その他必要な事業

第3章 組   織

(組 織)
第4条 本会は、次の会員をもって組織する。

(1)正会員  母校の卒業生
(2)特別会員 母校の教職員およびこの会の趣旨に賛同し、常任理事会が承認した者
(3)準会員  母校の在学生

第4章 役   員

(顧 問)
第5条 学校法人高岡第一学園理事長および高岡法科大学学長を本会の顧問とする。

(役 員)
第6条 本会に次の役員をおく。

(1)会 長     1 名
(2)副会長     若干名
(3)常任理事    若干名
(4)理 事     若干名
(5)監 事     2 名
(6)相談役     若干名

(役員の選出)
第7条 会長および副会長は常任理事会において互選し、総会において承認を得る。

2 常任理事、理事、監事および相談役は常任理事会において選出し、総会において承認を得る。

(役員の職務)
第8条 役員の職務は、次のとおりとする。

(1)会長は、本会を統括し、総会および常任理事会の議長となる。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長の事故あるときは、その職務を代行する。
(3)常任理事は、会務を分掌する。
(4)理事は会務を補佐し、支部の事業に従事する。
(5)監事は、会計事務を監査する。
(6)相談役は、会務の補佐事務を行う。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。

2 役員は、その任期が満了した場合でも後任者が就任するまでは、引き続きその職務を行う。

(役員の報酬)
第10条 役員の報酬は、原則として無報酬とする。但し、職務のために要する費用は、本会予算から支出する。

第5章 機   関

(機 関)
第11条 本会の機関は、総会、常任理事会とする。

(総 会)
第12条 総会は、正会員をもって構成し、本会の最高議決機関であって毎年1回定期総会を開催することを原則とする。但し会長が必要と認めたとき、または常任理事会の過半数の要求があったときは臨時総会を開催するものとする。

2 総会は会長が招集し、その決議は出席会員の過半数で決する。

3 総会の決議事項は、次のとおりとする

(1)会則の制定および改廃
(2)役員の承認
(3)予算および決算の承認
(4)事業計画書および事業報告書の承認
(5)その他、必要と認める事項

(常任理事会)
第13条 常任理事会は、会長、副会長、常任理事をもって構成し、会長が必要と認めたとき召集する。

2 常任理事会は、会長が主宰し、次の事項について審議・決定する。

(1)総会に提出する議案の作成
(2)総会において決議された事項の執行
(3)その他必要と認める事項

3 会長は、必要に応じ、常任理事会にその他の役員を参加させることができる。

第6章 支   部

(支部の設置)
第14条 本会は、地域または職域を単位とする支部を設置することができる。但し、設立においては、常任理事会の議を経て、総会の承認を得るものとする。

2 支部の経費は、本会からの補助金をもって充てる。

第7章 会   費

(会 費)
第15条 本会の会費は、次のとおりとする。

(1)正会員は、終身会費として、10,000円を納入する。
(2)会費は、分割(5,000円単位)で支払いも可能とする。
(3)準会員は、在学中4年次に10,000円を「会費預り金」として納入し、卒業時に同窓会費として振り替える。但し、中途退学者には返金するものとする。

第8章 会   計

(会 計)
第16条 本会の経費は、会員の会費、寄付金およびその他の収入をもってこれにあてる。

2 本会の会計年度は、4月1日より開始し翌年3月末日に終わる。

第9章 事 務 局

(事務局の設置)
第17条 本会の事務局は、母校の事務局におく。事務局長は大学事務局長がその任にあたる。

附  則
1 この会則は、平成12年4月1日から施行する。

附  則
1 この会則は、平成20年4月1日から施行する。